ネイルカウンセリング

Sponsored Link

ネイルカウンセリング

ネイルカウンセリングは、情報収集を目的とした「分析」と、お客様にあったサービスの「提案」のふたつの要素で構成されています。
お客様が記入したカルテから、年齢や職業、アレルギーなどを把握し、爪や皮膚の状態をチェックし、触診などの細かな分析を行います。
そして、収集した情報をベースに、ネイリストとしての知識や経験をいかして、お客様にあったネイルサービスの提案を行います。
何気ない会話やプライベートの話の中で、お客様の趣味や興味のあることを聞きだして、個人的な事柄を詮索するような印象を与えない程度に、いろいろな情報を把握しておくことが大切です。
カウンセリングがうまくいくと、お客様との信頼関係を深めることができます。

 

ネイルカウンセリングの流れ

 

予約を受ける→来店→カウンセリング

 

カウンセリング

 

@ネイルカルテに記入

  • 年齢
  • 職業、ライフスタイル
  • 健康状態
  • ネイルトラブル、スキントラブル
  • ネイルタイプ、スキンタイプ
  • 爪の長さと形の選択
  • カラーコーディネート

 

A問診・視診

  • ライフスタイル
  • スキンタイプ
  • ネイルタイプ等の分析とチェック

 

B施術

  • お客様のオーダーを聞き、施術内容を提案・説明する
  • 施術する技術の選択
  • 爪の長さ、形の選択
  • カラー、デザインの選択

 

Cネイルカルテに履歴を記入

  • 施術した内容の記入

 

ネイルカルテのチェック項目

 

年齢

  • 年齢によって、爪や皮膚の状態に応じたサービスを行う

 

職業、ライフスタイル

  • 職業やライフスタイルに応じた爪の長さ、カラー、デザインをアドバイスし、それぞれにあったネイルサービスを提供する

 

健康状態

  • 爪の健康状態を視診し、トラブルがあればそれを分析し、症状によって施術が可能かどうかを判断する
  • アレルギーの有無も確認する

 

ネイルトラブル、スキントラブル

  • トラブルの状態によって、施術が可能かどうかを判断し、施術が不可能な場合は、医師の診断を勧める

 

ネイルタイプ、スキンタイプ

  • ドライタイプ、オイリータイプなど、爪や皮膚のタイプを見極めて、それぞれに適したサービスを行う

 

爪の長さと形の選択

  • カウンセリングで得た情報をもとに、お客様に最適な爪の長さ、形を提案する

 

カラーコーディネート

  • お客様の好みを聞き、どのようなネイルカラーアートが良いかを提案する
Sponsored Link