ネイルの技術体系

Sponsored Link

ネイルの技術体系

現代のネイル技術は、下図のように大きく分けてネイルケア(爪の手入れ)、イクステンション(爪の造形)、リペア(爪の修復・補強)、アート(爪のおしゃれ)の4つに分けることができます。

 

ネイルの技術体系

 

ネイルケア

 

プレマニキュア(テーブルセッティング〜カウセリング)

  • 用具・用材の準備、手指消毒、ポリッシュオフ、カウンセリングのこと

ファイリング

  • エメリーボード(爪やすり)を使って爪の長さや形を整えること

クリーンナップ

  • メタルプッシャーやコットンスティックを使ってキューティクルをプッシュアップし、ガーゼとキューティクルニッパーでルースキューティクル、ささくれを処理すること

カラーリング

  • 爪のタイプにあわせたベースコート、カラーポリッシュ、トップコートを塗り、ネイルプレートを保護すること

 

イクステンション

 

スカルプチュアネイル(アクリル)

  • アクリルパウダーとリキッド(アクリルリキッド)を使ったイクステンションのこと

ジェルネイル(ライト、ノーライト)

  • ジェル状のアクリル樹脂を使ったイクステンション。UVランプを使うものと使わないものがある

チップ&オーバーレイ

  • ナチュラルネイルの先端にネイルチップをつけ、アクリルやジェルで覆って補強すること

チップ&ラップ

  • 爪の先端にネイルチップをつけ、ラップ剤を使って補強すること

 

リペア

 

グルーオン(アクリル)

  • グルー(接着剤)を使って爪の修復、補強をすること

ラップ(シルク、グラスファイバー)

  • シルクやグラスファイバーなどのラップ剤を使って爪の修復、補強をすること

ファルイン

  • ナチュラルネイルが伸びてきた部分に対して、イクステンションを修復すること

フローター

  • スカルプチュアなどで長さを出さずに、ナチュラルネイルの表面のみを覆って補強すること

 

アート

 

フラットアート(イラスト、エアブラシ)

  • 絵の具を使ったイラストレーションやペイントアート、エアブラシなどを使った平面的なアート技術

3Dアート

  • アクリルマテリアルなどを使った立体的なアート技術

エンボス

  • アクリルマテリアルなどを使って凸や厚みをつくるアート技術

ミックスメディアアート(複合アート)

  • フラット、エンボス、3Dなどを組み合わせたアート技術

イクステンションアート

  • アクリルマテリアルなどを使ってアートを施すと同時に、イクステンションの基本的な造形をつくるアート技術
Sponsored Link